順調に孵化するメダカと、その仲間(?)たち。我が家の生物たちの近況報告など。

メダ活に勤しむ里山です。

自宅のメダカの卵や稚魚やミジンコ、農場(職場)の野菜苗の世話&観察が楽し過ぎて、毎日があっという間に過ぎて行きます。

今回は我が家で暮らす生物の様子を、ざざっとご紹介します。

ベアタンクにお引越し

幹之の水槽の水質が気になっていたので、空いていた発泡スチロールにお引越し。

5匹しかいないので、容器のサイズを一回り小さくして、大きい方の容器を空けたかったかったという理由もあります。

移動させてみたところ、思いのほか良かったです。(メダカ的にどうかは知りませんが。)

今まで「外=ビオトープ的な何か」という発想しか無く、必ず土や砂利を敷いて植物を投入していたのですが、今回は単なるベアタンク。

「こっちの方が良いんじゃない?」と思いました。

ベアタンクとは

底土や砂利を敷かず水生生物を飼う飼育法や、その水槽を意味します。

何の予備知識も無かった頃、赤玉土信者(笑)の情報ばかりを見ていたせいか、何も敷かないという発想が私にはありませんでした。

しかし今回、ベアタンクに幹之を投入してみて、見た目にも管理のし易さにも「すごく良いんじゃない?」と思いました。

気になるのがバクテリアでしょうか?

底土なり砂利を敷くのは、バクテリアの住処を作るという大義名分があります。底土を敷いた時と、そうでない時の水質の違いが明確にわからないので、私的には「どっちでも良いや!」なんですが。

少なくとも幹之たちは元気だし、見た目にも涼しげで大変気に入っています。

数え間違いコスモ

先日、コスモ1匹が死んでいました。朝見た時は全匹元気でしたので、私が仕事に出ている間に落ちたものと思われます。

驚いたのは、その亡骸!

腐ってる感やカビている様子は無かったのですが、目玉も内臓も残っていません。すごい食いっぷりです。すぐに「ドジョウのエサになったのか。」と思いました。

真相はわかりませんが、今まで見てきた亡骸の中で、骨が見えるまでになっていたのは初めてのことです。驚きました。(だいたいは底に沈んでいるだけか、発見が遅れたものは白くカビているかです。他のメダカたちに腹を食い破られたことは一度もありません。)

コスモは10匹だったはず。遺体を抜いたら9匹です。数えてみると、1匹も減っていない10匹!!全匹いるじゃないですか!!

「マジで?!怪奇現象?」

背筋がぞっとして、慌てて過去の水槽写真をチェック。

「あ、11匹いるじゃん!私の数え間違いか……。」

きちんと飼育数を把握出来ていないだけでした。うぅ~ん、観察者失格です。

トマトとジャガイモ

屋外水槽に使用していて、水換えの際廃棄になった底土たち。土嚢袋で濾し、一旦乾燥させた後、野菜用の鉢に変身。

今回植えたのはトマトとジャガイモです。

トマトは職場で廃棄された苗(ゴミ)をもらって来ました。ジャガイモは料理に使われないまま、芽吹いていてしまったものです。

どちらもベランダでの栽培は初めてで、とてもワクワクしています。

もちろん液肥としてメダカ水を使用します。どんな味に仕上がるのやら、今から楽しみで仕方ありません。

ミジンコ様

やはりミジンコ様のエサやりがわかりません。(ちなみに、写真のプラケース内にミジンコ様が2匹おられます。全然見えませんが……。)

用意した休眠卵は2セットです。内、1セットを今回孵化させました。要は試験です。これがうまく行かないのなら、2セット目も怪しいので。

1セット内に入っているのは、10~15個の休眠卵。1個の卵鞘に2個の卵が入っているとのことです。

つまり元の卵が15個だったとして、倍の30匹が孵化する計算に。

孵化した初日に、何匹かを稚魚用水槽に入れています。(エサとして入れたわけではなく、全滅を防ぐために分散させたかったので。)

元の水槽に残ったミジンコにエサを与えるも、やはり食べているのか、これであっているのかわからず……。

メダカよりミジンコは難しい。

発生の仕方も植物の種みたいだし、本当に奥が深い生物です。

おわりに

幹之のチビたちは順調に孵化しています。早い子はエサも食べ始めました。

他の生物たちも成長がめまぐるしいです。この季節はメダカ飼育者や畑に携わる人間には、本当に楽しい時ですね!