結局移動させました。病気が治ったメダカを仲間の元に戻したら、すぐに見分けが付かなくなってしまいました。

メダカよりも先に起床する里山です。

ここ数日良い天気が続いています。先週の雨以降、若干の肌寒さを感じる気温になったせいか、メダカの抱卵は停止中。卵が見当たらずガッカリです。

その内また再開されるのでしょうが。

さておき、良い天気続きだったので、例のメダカを屋外に出しました。

陽気にメダカと戯れる里山です。 小康状態だった病気メダカですが、どうやら完治したようです。 食欲...

様子見とは何だったのか?いつもながらの突発的な行動で、メダカは強制的に屋外へ。

ミジンコを追う姿に「もう大丈夫」と確信が持てたこともありますし、元気になったのに狭い容器に入れっ放しは、やはり可哀想と感じたのです。

温度合わせをして水槽に放ったら、すぐに他のメダカと見分けが付かなくなりました。

エサの食べ方を見て

メダカの回復が実感出来た事柄があります。

・食欲が出て来た

・漂うのではなく、泳ぐ

・太くて良い糞をする

上記の3つは闘病中には一切見られなかった行動です。悪い時を知っているので、良くなったことがとても実感出来ました。

食欲旺盛

狭い容器で保護していたため、エサは水質を考えてミジンコに切り替えました。(人工餌の食い付きが悪かったせいもあります。)

とにかく食べる食べる!

以前は少量を長い時間をかけて食べるか、見向きもしない状態でした。

ミジンコ兵を引き連れ、メダカ王国に攻め入る里山です。 ケガメダカが一向に良くなっていません。というか、ケガじゃなくて病...

余談ですが、このメダカには3種類のミジンコを与えてました。ダフニア、タマ、オカメのどれを好むか試していたのです。

どのミジンコも口に入るサイズは積極的に食べていました。

体が小さなタマ子はいつも完食していましたが、ダフニアは食べ残し多々。サイズが大きいのでメダカの口に入らなかったのです。

日々ミジンコの休眠卵を集めている里山です。 里山宅のミジンコは3種類。タマ子、ダフニア、オカメです。(ケンちゃんとカイ...

噛み付いては逃げられ……という行動を数回繰り返した後、結局メダカは諦めてしまいました。

オカメに関しては未発見のパターンが多かったです。やはり動きが無いのでわかり辛いのです。

泳いでいる

ミジンコを食べるには泳がなくてはいけません。メダカはきちんと泳ぎ、ミジンコを捕えていました。

状態が悪かった時は水面をプカプカしているだけ、指で小突いても逃げませんでした。

太い糞がにゅるっ

よく食べているので、下からも沢山出て来ます。太くてしっかりとした糞です。

温度合わせと解放

水槽の片隅にプラ容器を入れて、先ずは温度の調整を行いました。

以前幹之を戻した時同様、容器の周りにメダカたちの姿がチラホラ集まって来ていました。好奇心ゆえの行動なのでしょうが、仲間を気遣ってる感があって、見てるとほのぼのします。

猪肉を頂き、ご機嫌な里山です。 失神していたメダカですが、元気になったので元の水槽に戻しました。 ...

温度を合わせた後、容器を傾けてメダカが自然に泳ぎ出すのを待ちました。

兄弟メダカたちに混じって

新しい環境に放たれたメダカは、少しの間だけその場にじっとしていました。が、すぐに仲間たちと一緒になって、見分けが付かなくなってしまいました。

同じ親から生まれた兄弟なので、みんな顔が似ているのです。

おわりに

屋外に帰すことは出来たけれど、果たして出戻ることは無いでしょうか?こればっかりは予測不可能です。

日によって気温差が大きいので、ちょっと注意しておきたいですね。