冬のメダカ飼育・第二部開始―星河の卵を愛でてみた結果、中身が変化し始めました。現れたチビの影を記念撮影す。

メダカ飼育より三度の飯が好きな里山です。(空腹には勝てんよw)

せっせと星河たちが卵を産んでくれるものだから、ついつい採卵してしまいました。飼育スペースがありませんし、親の選別も出来ていないので、春までは採卵するつもりは無かったんですが。

採卵した以上は孵化するまで一所懸命お世話したいと思います。

卵の色は何色か

採卵は2~3日前でしょうか。ホテイアオイの根に産み付けられていたものを採取しました。

星河は幹之系統のメダカですが、幹之よりも卵の色は薄めでした。やや黄色がかっている程度で、濃い黄色をしていた幹之の卵とは見た目の印象が違います。

里山が見てきた中では、緋や白のノーマルなメダカたちの卵とよく似ています。

色の濃さは関係ある?

メダカの胚(もしくは稚魚)は、体表の色素胞により体色濃度の違いが見られます。

冬飼育開始で電気代が2倍になった里山です。(汗) ――親メダカは綺麗な赤や黄なのに、稚魚は何で茶色っぽいのか?...

黒っぽかったり、白っぽかったり。同じ黒でも濃淡があったりという具合です。

――では、卵そのものの濃さは、何かに関係しているのか?

ちょっと気になりました。黄色が濃い卵と薄い卵では、何がどう違うのでしょうか?

無精卵ですと白っぽく濁った感になるのですが、それとこれとは別のこと。調べてみたのですが目ぼしい情報は見つかりませんでした。

栄養状態によっても変化する部分でしょうが、発生する個体に何か影響を及ぼす部分なのか、気になるところですね。

メチレンブルーに浸す

今回も前回同様、メチレンブルーに浸してみました。

今日もメダカに首ったけ、里山です。 星河の産卵が続いています。先回は抱卵を確認出来たのは1匹のみでしたが、今回は3匹の...

正直なところ、あまり好きな方法ではありません。シーズン中の繁殖では用いませんが、今回は前回の復習も兼ねて使用してみました。

有精卵は染まらない

無精卵が真っ青に染まってしまうのに対し、有精卵は染まらず、青い液の中でも薄っすらとした黄色を放っているのがわかります。

↑無精卵だった前回。卵は青く染まってしまいました。

↓青い粒になってしまった前回とは違い、色は黄。中に油滴が見えています。(=発生段階)

染まらない理由として考えられたのは2つです。

1つは受精とともに卵門が閉じること。もう1つは中身が生きているので、余分な物を透過させない機能が働くこと。

専門的な記述を見つけられず、あくまで里山が思うには……という理由です。(疑問視するところじゃないんで、調べる必要も無いですが)

メダカの卵には精子が1つ

未受精のメダカの卵には「卵門」という穴が開いています。精子が中に入れるよう、きちんと穴が開いているのです。

受精することで、この穴は塞がります。他の精子の侵入を阻むためです。これを他精拒否と言います。

メダカ講座まとめ(5)最終回 メダカ大好き里山です。 先日行われたメダカ講座の記事ですが、今回で最終とな...

中身が出来始める

さて、前置きが随分長くなってしまいましたが……。

里山が採卵した卵の今を撮影してみました。

昨日は卵の中に沢山の点が見えている状態でした。一晩が経ったら、小さなメダカの影(胚)が見えるようになっていました。

↓右側、メダカっぽい影が見えます。2つ並んだ黒い点が目になる部分です。

メダカの孵化は250℃日と言われています。

幹之大好き里山です。 本日の天候は雨。強い風のため、軒下の水槽にも雨粒が叩き付ける悪天候でした。 しかし、気温は...

室内水槽は常時26℃に保たれていますから、約10日程で孵化することになりますね。

親が12月生まれで2月上旬には二世が誕生とは、ヒトの一生からは想像も出来ない速さです。

おわりに

採卵の本番は4月~5月を予定しています。折を見て星河たちを屋外に出し、自然環境下で産卵させるつもりでいます。

2月に生まれるであろうチビも、大きくなる頃には屋外です。

早い時期からの産卵が、今後どのように響いてくるのか気になるところですね。

コメント

  1. ジークフリート より:

    小さな目が二つ見えますね~

    生命の神秘を垣間見た気がしましたよ!

    • Medaka.Satoyama より:

      ジークさんへ

      コメント有り難うございます。

      でっかくなったメダカを眺め「可愛いな~」と目を癒すより、孵化・成長させる過程の方が面白くて大好きです。
      最初は何も見えなかった卵の中にチビたちの姿が現れ、くりくりお目目を覗かせる頃になると、もう堪らんですね。(笑)