孵化したメダカたちの中の珍スター?緑幹之とコスモダルマの今現在を追ってみたよ。

今日もメダ活に勤しむ里山です。

日照時間のピークは過ぎたものの、未だ昼は長く気温も充分です。小さなメダカたちも確実に大きくなっています。

緑っぽく見える幹之と、何故か生まれて来たコスモダルマも大きくなりました。途中弱って死ぬことも無く、元気に成長してくれて何よりです。

彼らの今にスポットを当てて行きたいと思います。

光が伸びない緑

青×青の幹之から、緑色に見える個体が1匹だけ生まれました。

毎日がメダカ日和の里山です。 青×青から出た白幹之を移した時に、偶然に紛れ込んだ1匹のチビがいます。他の白チビたちと違...

見つけた当初はチビ助だったクロちゃん(愛称です)も、しっかりとエサを食べ、泳ぎ、順調に育っています。

↑頭の黒色がハート型をしていて可愛いです。

写真ではイマイチですが、緑っぽく見える姿は健在です。ただ、背中に光がほとんど現れていません。(点光くらいかな?)

青っぽいけど緑


↑比較対象に、同じくらいの大きさの青幹之を並べて見ました。上が青、下が緑です。よく似ていますが……

↓底が暗い水槽に入れると、こんな感じ。少し発色が違うのです。

身体が大きくなったらどうかわかりませんが、このまま行くと幹之には見えないメダカになりそうです。

スーパーから生まれて来たのは

里山宅の幹之(親)は全身ピカピカです。鼻先までピカピカの子もいます。

幹之のチビに対する謎から、その親にまで疑問を抱いてしまった里山です。 生まれて来た幹之のチビたちですが、黒っぽいもの、...

ですが、今年孵化させた子たちはほとんどが弱光、良くて強光止まりでした。

成長過程にあるものは未だ光が伸びる可能性がありますが、親と同程度まで育った子たちは無理ではないか?と予想します。

飼育次第で伸びるとの情報でしたが、伸びている感がほとんどありません。

メダカ本来の「素質」もあると思いますが、エサの与え方、飼育環境など、いくつかポイントがあるのでしょう。今現在の里山の飼育方では光は伸びないようです。

コスモダルマは雄か

里山宅唯一のダルマも無事成長し、今やすっかり大人です。落ち着いていて貫禄があります。

奇形のメダカが好きでは無い里山です。 コスモメダカの観察をしていた時のことです。泳いでいるチビたちの中に、1匹だけ奇妙...

チビだった頃と比べ、目に見えてラメの入り方が変わりました。ヒレ先もキラキラとし、体色の表現は普通にコスモです。

ヒレが立派になっていた

観察の結果、このダルマは雄と判断しました。

ヒカリメダカのヒレは上下対象になっているため、普通種体型メダカのように雌雄判別が簡単に出来ません。慣れれば別ですが、最初は全部同じに見えてしまいます。

メダカ大好き里山です。 野生メダカと違い、観賞用に開発されたカラーメダカたちは色だけでなく体型も様々です。メダカビギナ...

何度も見ていると立派なヒレの個体と、控えめなヒレの個体がいることに気付きます。前者がオス、後者がメスです。

オスのヒレが立派な理由は、メダカの交尾の仕方にあります。

メダカ講座まとめ(3) メダカ大好き里山です。 どこまで行ってもオスはオス。メダカのオスもやはりスケベだ...

里山宅のダルマも大変立派なヒレをしています。

似合いの嫁が見つかると良いねぇ。

おわりに

長くメダカをやっている人には珍しくないであろう個体も、里山の目には新鮮に映ります。クロちゃんもダルマも大変可愛いです。

今後も成長ぶりを見守りたいと思います。

おまけ

本日、水草の手入れ中にアルビノと思われる卵を発見しました。

通常個体なら胚の状態でも黒目はわかります。この個体の場合は黒い部分が無く、白い中に僅かに点のようなものが見えています。

別角度から。

赤っぽく見える部分は臓器か血管(動脈?)のようです。心臓かどうかまでは確認出来ませんが、一定のリズムで動いているのが見えました。

新たなる珍スター誕生となるのでしょうか。