ホテイアオイが元気に増殖中。秘密は根にアリ?植物にとって、根はやはり重要な場所ですね。

コシアブラの天ぷらを食した里山です。

メダカやミジンコと共に順調に増え続けているものがあります。ホテイアオイです。1株¥100で購入したホテイアオイが、今やどの水槽でも大活躍しています。

メダカより早く起き、メダカより早く寝ている里山です。 昨日の記事で少しだけホテイアオイに関して触れました。 ...

一方、まるでクズのようだった越冬組も、活き活きと葉を広げ始めました。

今日もメダカとウフフな関係、里山です。 冬越しさせようと温室もどき水槽に入れていたホテイアオイですが、一応春まで枯れず...

サイズこそ小さいものの、シャキッとした濃い緑の葉を広げ、順調に育っています。越冬し立てのクズっぷりからすると雲泥の差、今シーズン中持つまでに息を吹き返しました。

よくよく観察して見ると……???

しっかりと根を張る

水面を漂うウキクサ類に「根を張る」という表現は奇妙な感じがしますが、青葉を広げ始めたホテイアオイは、まさに(水中に)根を張っていました。

グズグズの朽ちかけた根ではありません。やや紫がかった美しい根です。

この新しく生えた根の成長と共に葉がしっかりとし始め、去年の夏に見せたような美味しそうなウキが出来ました。

メダカとエビちゃんとミジンコを愛でる、駆け出しブリーダーの里山です。 増えたホテイアオイが邪魔になったので、会社のパー...

植物にとって根はとても重要な場所です。再生し始めたホテイアオイが、改めてそのことを教えてくれました。

↑新しく根が伸びて来た株は何となく安心感があります。生命力の象徴?

何時までも新しい根が生えなかった、古いグズグズの根だけの株は、次第に葉が黒ずみダメになっていってしまいました。

順調に育つ親株

1株¥100で3株購入して来たホテイアオイたちも順調に育っています。

親株はとても立派に育ちました。今まで仕入れたホテイアオイの中で一番の成長振りです。ウキの部分が、一番大きなもので卓球の球くらいはあるのではないでしょうか。

高さも出て来て良い感じです。葉色も濃い緑をしており、申し分ありません。

↑もともと生育具合が良かったもの。ますます大きくなって来ました。

↓細く葉色の悪かった株も次第に緑が濃くなり、しっかりし始めました。

根を切るか否か

ホテイアオイの根はメダカの産卵床として使える一方で、泳げる範囲を狭くする邪魔者にも成り得ます。

水槽の手入れで日焼けしそうな里山です。 メダカ初心者の強い味方、ホテイアオイ。産卵床に隠れ場所、日除けにもなる夏の便利...

メダカたちが泳ぎ難そうにしていたら、思い切って根を切るのも手です。

正直、里山の使用している飼育容器で今の根の長さは「メダカにとって邪魔かも?」と思っているのですが、何となく切る気になれません。

それ以上に株が綺麗で、もっと大きく出来ないかなと考えているからです。

深めの容器を購入しようか、真剣に考えています。

チビたちが出払った後のボウルでも良いかな。

根が卵だらけだから、またチビが増えてしまうだろうけど。

おわりに

一口にホテイアオイと言っても、何処で仕入れたかで随分と「その後」が違います。

例えばホームセンターで株を購入するとしても、それぞれに卸している問屋が異なるので、商品の質が違います。また時期によって品薄になるのか、クズのようなものしか店頭に無い場合もあります。

入手する場合、なるべく良株を選ぶのは基本中の基本です。

今回は当たりでした。まだまだ増えてくれることと思います。越冬組は増えてもミニマムサイズが1~2個取れるだけでしょうが、それはそれで良しです。