尾ヒレが無くても元気なメダカ―病から回復しつつあるメダカをどうするか、迷った。

早朝が好き過ぎて常に早起き、里山です。

尾ヒレを消失してしまった病気メダカですが、めちゃくちゃ元気になりました。

再びミジンコ愛に目覚めた里山です。 エサやりの時間は、なるべくメダカたちの観察をするように心がけています。 今日...

もともと治りかけ状態だったのでしょうか。塩浴(呼吸補助)と室内保護(暑さからの保護)をしただけで、びっくりするぐらい元気に。今まで保護して来た病気メダカたちとは全然違います。

でもね、元気でも今すぐ元の水槽に戻す気にはならんのです。病の種は違えど、出戻りメダカの前例がありますからね。

メダカ第一党、里山です。 ロングフンメダカが出戻りしました。 それは本日夕方のこと。 ベラ...

やはり、今しばらくは同居生活した方が良いのでしょうか。

保護から一晩経って

塩浴して1~2時間後には容器内を泳ぎ回れるくらいに元気になっていたメダカ。一晩もすればそれはそれは元気で、エサもパクパク食べるようになりました。

糞の状態は大事

すっかりと元気になった姿を見て思ったのは、「やはり体内環境がモノを言うんだな」ということ。内臓まで障害されていたら、ここまで短期での回復は見込めなかったと思います。

最初に見た糞の形状が、このメダカの内臓の状態を示してくれています。

今回罹ったカラムナリス症は見た目に変化の現れる病ですが、表面に現れたモノだけを追っていては病気は回復しないのでは?と感じました。

他の病気もそうですが、単純に「菌をやっつける」という治療ではなく、メダカの何を補ってやるかで回復の仕方が違うような気がします。

病をどう「診る」か?

東洋医学では病に罹った際に、証を求め、五臓(肝心脾肺腎)のバランスを正すことをします。(※深い世界なので、知りたい方は各自でお調べ下さい)

今回のメダカを見て思ったのは、各種の病気に罹るにしても、何処の臓の気(西洋医学で言う臓器ではありません)が弱っているかに左右されているのでは?ということ。

内因外因、虚実ももちろん、ある。

里山のような凡人にはわかりませんが、経穴(ツボ)や経絡(ツボとツボを結ぶ気の通り道)もきちんとあって、そこに症状が出ていると思います。

やはり屋外へ

話が脱線してしまったので戻します。

件のメダカは元気に泳ぐようになりました。内出血も引きました。見れば見る程に、「このまま室内に置いておいてもなぁ」という気分に。

尾が回復するまでミジンコと同棲させることも考えましたが、結局は屋外の水槽へ戻すこととしました。

元の水槽には戻さず

若干可哀想な気もしなくないのですが、彼が向かった先は訳ありメダカの水槽(雑魚入れ)です。

中には背曲がり、病み上がり、選別漏れのメダカたちがいます。

容器こそ分けていますがエサの回数も同じ、メンテ頻度も同じで、他の水槽とは何ら変わらず。いろんな種類が入っているので、見ている分には一番楽しめる水槽かな。

おわりに

元気になったと言えど、やはり一度病んだメダカを即元に戻す気にはなれず。雑魚水槽での経過を見て、良ければ元の水槽に移動させます。

また、そのようなメダカを出した水槽も要注意です。

今よりもじっくりメダカを見ないとダメですかね~……。