これは何だ?!ミナミヌマエビの体内にツブツブを発見。卵巣の発達と脱皮、そして月齢。

メダカの僕、里山です。

星河のチビたちを観察していたところ、ふっとエビちゃんが目に留まりました。

透明な体の中に内臓器官(エビミソですな)が見えるのですが、どうもその形状が変。やたらと大きくて、体の半分を占めるくらいになっていました。

一方で、普段通りの個体もチラホラ。

早速網で掬って観察。よ~く見ると、卵状のツブツブが!

じきに大潮が巡って来ます。2日程前に脱皮殻があちこちに落ちていたので、今回も何かあるかも知れませんね。

卵巣の発達したメス

前述のツブツブの正体は、どうやら発達した卵巣のようです。

今までもこういった状態のメスは居たのでしょうが、全く気にしていませんでした。改めて見てみると、ちょっと気持ち悪い生命の躍動のようなものを感じますね。

オス、もしくは成熟していないメスには、卵巣が見られません。

初産卵とメスの腹節

卵巣が発達したメスですが、初の産卵の可能性があります。

メスの腹節は腹側の末端で山型になっており、全体的にもこもことしています。卵の付いた腹肢を畳むと、すっぽり収まるようになっているのです。卵を隠せるようになっているんですね。

ですが、このもこもこ。最初からあるわけではないのです。

メスでも初めての産卵前脱皮を行なうまでは、腹節がスッとしているのだとか。つまり、オスと同じような形態をしているのです。

↓オス、もしくは未成熟個体。腹節が無く、どこかスマートな印象。

↓このメスの腹節も、スッとしています。

↓別のメスの写真と比べて見ます。点々が付いている部分までが腹節(殻)です。

15日の大潮を前に、明日か明後日に脱皮をするのでしょうか?

受精卵が生まれる

メスはオスとの交接の際、精包という精子の詰まった袋のようなものを受け取ります。精包は受精嚢に入ります。

それをどのような方法で、どの場所で受精させるのかまではわかりませんでしたが、メスの体内から排出されるのは受精卵とのことでした。

受精卵は精包が入ったのと同じ道筋を通り、体外に出ます。腹肢(お腹のヒラヒラ)の間に綺麗に並ぶように排出され、メスは卵を抱いた状態になるのです。

2つの大潮

画像:こよみのページ・月齢カレンダーより

今度の大潮は新月の大潮になります。

――満月の大潮と新月の大潮、一体何が違うのか?

――明るい夜と暗い夜、産卵に影響は無いのか?

気になり出したら、疑問が噴出。(笑)

潮位の差が出る

詳細は省きます。(天体とか物理とか、いろいろあるので)

満月の大潮と新月の大潮とでは、潮位(潮高。一定基準から測った海面の高さ)に差があります。新月の大潮の方が潮位が高くなるそうです。

明暗でホルモン分泌が変化?

エビの産卵についての記述は見つけられませんでしたが、満月(明るい夜)と新月(暗い夜)のリズムは、サンゴ礁に住む一部の魚類の産卵に影響があるのだとか。

満月の夜はメラトニンの分泌が低下、新月の夜には上昇するそうです。(→参考PDF

これ、メダカのサイクルと似ていますね。

メダカの場合、日が長くなる(明るい)夏にはメラトニンが抑制され、日が短くなる(暗くなる)冬には分泌量が多くなります。

明暗のリズムで時を計っているのです。

おわりに

卵巣の発達したメスが居れば、卵を抱えたメスもいます。次回の大潮では何が起きるのでしょうか?

多分何かが起きていても、メダカとミジンコで一杯いっぱいの里山では、気付くのが遅れてしまうでしょうが。(苦笑)

まぁ、楽しみではあるよね。