胞卵したエビを移動させました。その体色は濃い赤茶に染まり、透明なオスと同種とは思えませんでした。

エビの観察に忙しい里山です。

じきに17日の新月がやって来ます。その日は大潮、果たして子エビは生まれるでしょうか?

メダカたちと共に楽しく暮らす里山です。 チビ助たちの水槽に入れておいたエビちゃん(ミナミヌマエビ)が胞卵しました。厳密...

大きくなったメタボ星河に子エビを食べられないように、抱卵したメスを引越しさせることにしました。

刺激して脱皮されても困るので、迅速且つ丁寧にガラス容器に移し入れる作戦を決行。

別容器の水は元の水槽の水を使うことに。ただ容器に汲んでエビを投入するだけなので、水合わせは省略することが出来ました。

気になるのは容器の狭さくらいでしょうか。

果たして、どうなることやら。

メスの卵と保護色

移動の際、一番目を引いたのがメスの保護色でした。オスと比べると、とても同じエビには見えない程に赤いのです。

これだけ濃い色をしていると、腹に抱えた卵はほぼ見えません。

一方、同じ水槽内で飼育していたオスは、半透明の透き通った体をしていました。

雌雄差を確認する

せっかくですからオスの体をじっくりと観察してみました。

小さな体

オスはメスより一回り程小さいです。里山の飼育しているエビも、オスの方が小さな体をしていました。

シャープな体型

メスの体は丸みを帯びた感があるのですが、オスの体はシュッとしています。お腹(腹節)の下部分のヒラヒラに丸みがありません。

メスはこの部分が丸いです。「卵を隠し易そうな形だな」と思いました。

保護色が薄い

室内の水槽でも屋外の水槽でも、体色の濃くなったオスを見た覚えがありません。環境により変化はするのですが、メスのような濃い色合いにならないのです。

今回の場合、半透明ですね。やや緑っぽいです。

移動の後に

オスがまだまだ元気なことから、別のメスを入れてみることにしました。

きちんと雌雄が識別出来ているかという自身へのテストも兼ね、屋外水槽のエビを捕獲しにベランダへGO!

外から中へ入れる時の注意

冬のエビは夏のように素早く逃げ回りません。逃げ回ったとしても持続せず、途中から大人しくなります。横倒しにコテンと倒れてしまうこともあります。

水温が低くて動き回れないのです。

動けない程に体が冷え切ったエビをヒーターで25℃前後にしている水槽に投入したら、そのまま動かなくなってしまいます。仮死→茹エビルート確定です。

移動の際は温度合わせをじっくりと行い、それから水質を合わせて行くようにします。

果たしてメスか?

自分ではメスを選んで来たつもりですが、ちょっと自身がありません。まだまだエビ初心者なので、見誤っていることもあります。

メスと思ったポイント

・体が大きい

・体色が濃い目

・腹節下のヒラヒラが丸っぽい

・卵巣と思われるものがある

当たっていれば、その内抱卵したメスを発見することでしょう。

おわりに

容器を移したことで驚いているので、あまりジロジロと観察していませんが、卵は孵化しそうな感じではありませんでした。

17日~19日の大潮(新月)の時か、或いは、全然違うタイミングで生まれるのでしょうか?

また、新しく投入したメス(と思われるエビ)とオスは、31日の大潮(満月)のタイミングで騒ぎ出すのでしょうか?

見所が一杯です。