エビ始めました!会社の昼休みにガサガサして、エビを捕まえて来たよ。

エビの写真を見過ぎてゲンナリから一転、ガサガサを楽しんで来た里山です。

昼休みにササッと食事を済ませ、エビを捕まえに行って来ました。職場の敷地内なので移動の手間はありません。

用意したのは紙コップと、獲物を入れておくペットボトルのみ。

網もケースも持たず、ふらふらとエビ採り開始です。

畑の真ん中でエビ

向かったのは会社敷地内のハウス前です。周囲には近隣の方の畑が広がっています。そんな畑に囲まれた場所に、エビちゃんはいるのです。

用水路から流れて来る水と、ハウスの水遣りの水が流れ込むU字溝。そこがエビちゃんの住処です。

用水路の本流の方か、途中の溜まりに水棲生物がいるのだと思います。

カワニナがいますね。

この場所には小さいカワニナが沢山住んでいます。スネールはその倍以上住んでますけどね。

流れは何処に続いているのかわかりません。

最終的に何処かへ排水はされるのでしょうが。30~40センチ幅のまま流れて行き、次第に草むらの中に消えて見えなくなります。

エビがいる場所

溜まりの草陰に潜んでいることもありますが、U字溝にくっ付いていることも多いです。流れが緩いので流される心配がないのでしょう。

草陰は、どちらかと言えばザリガニが多いです。

捕獲は簡単

逃げ足の素早いエビですが、逃げる方向、水流の向きを計算しておけば、紙コップ1つで捕まえられます。

逃げる方向を予測し、紙コップを構えます。後はエビを驚かせるだけ。幅の広い川では出来無い捕獲法ですが、一跨ぎ出来るような狭くて浅い場所ならこれで充分です。

紙コップを使用していることに特に意味はありません。捕獲出来る容器なら何でも良いです。もちろん網を使っても構いません。里山の場合、休憩時にお茶を飲んだ紙コップを使っただけです。

エビを発見、捕獲

目をやった先にエビちゃんがいました。写真は望遠機能で撮影したもの。画面中央やや下の細長い物体がエビちゃんです。体側のシマが見えます。

早速捕まえてみます。

はい。前述した方法で、すぐに捕まえることが出来ました。

もしかしたら、この場所は外敵が少ないのかも知れませんね。かなり近寄っても逃げないです。

成果を確認する

本日は大小合わせて12~13匹程度が採れました。時間にして15分くらい。結構良い成績です。

前回捕獲したものよりもずっと大きなエビがいました。背中の模様がはっきりとしています。捕獲直後はもう少し違う色をしていましたが、数分の間に色が変わってしまいました。

ザリガニチェック

捕獲後はエビかどうかを今一度確認します。ザリガニに気付かず放置した場合、メダカたちが大打撃を受けてしまいますからね。

ザリガニは寸胴でハサミを振り回しています。特徴を覚えれば、すぐに見分けが付きます。

エビの正体は?

多分ですが、背中の模様と捕獲場所からミナミヌマエビと思います。まだエビを見慣れていないので断定が出来ませんが、可能性としては一番高いです。

似たようなエビで、外来種のシナヌマエビというのがいるとのこと。間違えてはいないとは思いますが……。(一部の店では「ミナミヌマエビ」として売られているそうです。)

おわりに

本日付でメダカ愛好家の方に一部コスモメダカを譲りました。(この件は後日記事にします。)

空いた水槽を早速改造、即席ですがエビ水槽を作成しました。

自宅にあった余り物の赤玉土と砂利、流木を利用。水草は他の水槽からアナカリスとホテイアオイ、アオウキクサを引っ張ってきました。

最終的には、ここに幹之2世も一緒に泳がせたいなと考えています。

しばらくはエビちゃんの経過を観察します。