病気のメダカ、その後―室温9℃の寒い朝だったのに、室内の生物たちは意外と元気でした。

メダカの看病に励む里山です。

今朝も随分と冷え込みましたね。温度計に目をやると、室温は9℃でした。

寒い寒いと思いながら、起きてすぐに病気メダカの所へ。昨日のことがあるので、あまり物音を立てないように静かに近付き、カップの中を見ると……。

「良かったー、とりあえず生きてた。」

生存を確認

病気のメダカをショック状態にしてしまったのは、つい先日のこと。

初めて魚の薬を買った里山です。 様子見をしていた病気のメダカですが、塩浴では根本的な症状改善をことが出来ませんでした。...

一晩明けて覗いたカップの中には、生きているメダカの姿がありました。夜中不安だったので、とりあえずホッとしました。

薬浴続行

様子を見ながらですが、あと1~2日程は薬浴させておこうと考えています。

モヤっとした頭部の状態が改善されたら薬浴はおしまい。ですが、完治したとしても、今は屋外の環境に戻せませんので、暖かい時期までは共に過ごすことになります。

寒い場所から暖かい場所へ保護するのと、暖かい場所から寒い場所へ放り出すのは違いますからね。外に出した途端に急変する恐れもありますから、冬の間は家の中です。

泳ぐ粒々たち

病気メダカを観察する傍らで、視界の端にピコピコと動く物体が見えました。

タマミジンコたちです。

朝日の差す場所に集まり、元気にミジンコダンスを披露していました。

水温が低いのでそろそろ活動限界が近いのでは?と思っていたのですが、予想以上に寒さに強い生物であることがわかりました。

食を絶っても

ここ最近はミジンコにエサを与えていません。容器の底に土を敷くようになってから、全くエサをやっていないのです。

それでも一定数以下にはなりません。たまに間引きする時もあるくらいです。

エサをやっていなかった理由は、水の汚れ方が気になったからです。

今日もブルブルちゃんに逃げられた里山です。 メダカ用にストックしてあったミジンコボトルを全て片付けました。今残っている...

やらなくても平気そうだったので、何となくそのままになってしまいました。

里山が気付かないだけで、飢えて死んでいるミジンコはいるかも知れません。世代交代もしていることでしょう。

ただ、それがわからないくらい、よく繁殖しているのです。

爆殖はない

さすがにエサ無しで爆殖はしません。増え方は緩やかな感じです。

ボトル復活

土入り容器から間引いたミジンコで、1本だけミジンコボトルを復活させました。理由はひとつ、里山の病気が始まったからです。

ミジンコボトル症候群とは ミジンコをペットボトルで増やすことに無償の喜びを覚えた者の奇異な行動を、総じてミジンコボトル症候...

冬なので、夏のような激しい症状は見られません。(笑)

おわりに

弱っているメダカと、その隣で元気に踊るミジンコたち。

ベランダはベランダで観察する生物が沢山あるけれど、室内は室内で、それなりに賑やかです。

早く病気のメダ子が元気になると良いなー。