秋の気配を感じます。今シーズンの目標は達成出来ましたか?

ブログを書きながら寝てしまう日々を過ごしている里山です。

職場(農場)では、秋野菜のシーズンが到来!毎日大忙しです。葉牡丹の定植が始まる時期でもあります。もう今頃からお正月用の植物の栽培が始まるんですよ~。ますます季節感がズレていきます。

さておき、6月下旬頃、里山はささっと今季の反省会を済ませてしまいました。

メダカにミジンコを与える瞬間がタマラナイ!里山です。 未だ7月にもなっていませんが、里山宅の今季の産卵シーズンは終了し...

この頃を過ぎると、メダカたちの活動に「鈍さ」が感じられるようになるからです。

現に、メダカたちの産卵数は日に日に減少しつつあります。朝晩の気温も「涼しいかな?」と感じられる程になってきました。日照時間も短くなっています。

今年の産卵シーズン、やり残しはありませんか?

日照時間のピークは終わった

里山の住む地域の日の出日の入を見ましたところ……

7月31日 日の出 5:00:40 日の入 18:56:53

月初めである7月1日を振り返ってみたところ……

7月31日 日の出 4:41:33 日の入り 19:10:55

どうでしょうか?日照時間が短くなっているのがおわかり頂けるかと思います。(参考:日の出と日の入の時間

メダカたちは未だ産卵をしていますが、5月末~7月上旬の勢いはありません。彼らはヒトなんかよりも余程敏感なので、季候の変化をひしひしと感じていることでしょう。

目的の種の採卵は出来たか

8月から産卵数は下降線を辿ります。次世代を残したい種があるのなら、早めに採卵を済ませてしまいます。

地域ごとにバラつきがあるでしょうが、ヒトの身で秋を感じる頃にはメダカのシーズンは終了しています。未だ欲しい卵があるなら急ぎましょう。

成長の度合いはどうか

日照時間の減少はメダカの成長にも影響を及ぼします。

メダカ講座まとめ(5)最終回 メダカ大好き里山です。 先日行われたメダカ講座の記事ですが、今回で最終とな...

メダカは長日動物です。太陽との仲は切っても切れません。

晩夏の孵化は冬季保護も視野に入れて

メダカは稚魚から成魚になるのに2~3ヶ月の時間を要します。

ただし、これは成長するのに充分な環境(=夏、夏に近い飼育環境)にあった場合の話で、そうでなければ成長は止まってしまいます。

日照時間も減少し始め、朝晩の寒暖が感じられるようになる晩夏は、メダカの成長には不適な環境と言えます。

このタイミングで孵化をさせると、メダカがほとんど育たないまま冬を迎えることとなるでしょう。

日々メダカと戯れる里山です。 前回続き。夏に続き秋、冬のメダカの様子です。 まだ夏が来る前なのに冬の話?とは自分...

ヒトでもそうですが、大人とチビの場合、チビの方が弱々しく抵抗力がありません。晩夏に孵化させた場合、真冬は自宅内で保護することも視野に入れておきます。

冬は寒さだけが敵じゃない

チビのままでも越冬は可能です。ただし、「抵抗力が充分である」ということが大前提です。

何に抵抗するのかと言えば……

・寒さへの抵抗

・病気、細菌への抵抗

主にこの2点です。

寒さへの抵抗

冬の屋外水槽は、時に0度を記録します。水面に氷が張る温度です。

こんな中でもメダカたちは生きているのですが、生き残るのは個体の強さの証明みたいなものです。抵抗力が弱い個体は途中で力尽き死んでしまいます。

病気、細菌への抵抗

寒さで死ぬまでは行かなくとも、抵抗力の低下から病気を貰い易くなります。冬になりメダカの活性が下がると、何気ない細菌で病気を発症する場合があるのです。

夏の間にどれだけ抵抗力をつけさせたかが鍵となります。

おわりに

頭で考えるよりも早くメダカたちのシーズンは終わります。8月も中旬に差し掛かれば、冬はあっと言う間にやって来ます。

夏にやり残したことはありませんか?

あるのなら早めにやってしまいましょう。無いのなら、冬に向けての対策を練り始めましょう。